COLUMN

久しぶりに曲を作ったよ

DTM, MUSIC, VIOLIN

肌寒いこの季節に、夏っぽいさわやかな曲を作りました。

元々「1時間でDTM」で作った曲なんだけど。
これね。

これを気に入った外国の人が「ゲーム用に使用ライセンスを買いたい」と
申し出がありまして。

買い取りじゃないにしろお金もらうならちゃんと作るよ、と言って
作ったものです。

曲名はSNSのノリで決まった『小エビのカクテルサラダ』という曲名だったんだけど、
外国だとよくわかんないと思うので、
Coevyにしました。
コエヴィー?コーヴィー?
そんな感じ。

以下、ちょっと曲についてです。

バイオリン

久しぶりにアコバイオリンでフルサイズの曲弾きました。
Aメロとかちょっと弓を軽く引っ張るような弾き方で
後ろ目なノリを出したつもりですがどうでしょう。

録りはDPA 4099VとUA 710 TwinFinityのTube側で。

ua710

プロセッシングは珍しくコンプをFairchild670じゃないのにしました。
いろいろ試した結果、Studio Oneの標準コンプに。

coevyss001

しっかりとコンプがかかる設定にして、Dry音と混ぜてます。
打ち込みと混ぜるのに、この設定が一番しっくりきた感じ。

あと初めての試みでT-RacksのQ-Limiterを
中高域の入力が大きい時に一瞬かかるようにしました。

coevyss002

これ、単体だと全然よくわかんないんだけど、
2mixにしたときに効果的な気がしてます。
Brick wallモードのほうが音がまろやかな気がしたので、そっちで。

EQは音のキャラクターを打ち込みに寄せる感じで。
基本的には『バイオリンの録り音に打ち込み音のミックスを揃える』コンセプトで
進めてみたんだけど、曲全体のキャラクターがイメージに合わなくなっていったので
バイオリンも打ち込みに歩み寄せました。

あと22kHzくらいをEQで持ち上げてます。
音抜けが良くなるけど耳には痛くない、という印象だったので。

ピアノ

毎度おなじみPianoteqです。
これ以外使う気になれない。

coevyss003

今回はギターも入れたのであんまり手数多くないピアノですね。
プロセッシングは「コンプはゆるく、膨よかでほどよいブライト感」を狙ったつもり。
NIのLA-2Aをドライ音混ぜて使ってます。

アコースティックギター

これもレギュラー化しつつあるSunbird。

coevyss005

これ、やっぱすごい。
ソロとか、鍵盤で弾いたのほぼそのままなのにギターっぽい。
バッキングも多少それらしくなるようにはしてるけど、基本鍵盤で弾いてほぼこれです。
もうちょい慣らしてギターがんがん使っていきたい。

マイク設定はピアノに併せてステレオマイク大きめに混ぜました。
プロセッシングはちょっと不慣れなので割と適当です。
元々の音色が結構中低域豊かなので、楽器側の設定でも中低域カット、高域上げ目にしてます。

もうちょい距離感を後ろに配置したかったんだけど。
コンプとディレイを距離ツールとして効果的に使えるようになりたい。

ベース

NIのMM Bass Amped。
これもレギュラー化してます。

coevyss004

割とベースは適当に鍵盤で弾いて、プロセッシングもいつも通り。
80Hz近傍の音がぼわっとピーキーになってたので
SonnoxのSuprEsserで叩いてます。
あとはWavesのVEQ4でキャラ作ってますね。

ドラム

Addictive Drums 2。
イメージに近いプリセットを適当に読みだしてエディットしてます。

coevyss006

最近はAD2内で音作りしてますが、割と狙い通りの音になった気がします。
無理にパラアウトしてミックスするより、AD2で詰めていって
どうしても気になるパーツだけパラアウトで混ぜたりするのが
一番扱いやすい気がしてます。

今回はRoomだけAD2の外にパラアウトして、そっちでS1とコンプで調整してます。
ちなみにドラムやベースはクオンタイズを20%シャッフル気味にして
やや後ノリ感を出してます。
けっこういい感じだと思いますがどうでしょう。

パーカッション

Addictive Drums 2。
バージョンアップ時に一緒に付けてもらったLatin Kit。

coevyss007

これ、正直微妙…。どうしたAD2、という感じがしなくもない。
コンガがタムに相当してるんだけど、奏法や強弱感が少なすぎる。

とはいえ、奏法が少ない(鍵盤アサインが少ない)分リアルタイムで叩きやすいので、
そういう用途ではありかなと。
リアルタイム録音はしやすいです。

ドラムよりモタったほうがパーカッションっぽいので
こちらはシャッフル40%でクオンタイズしてます。

ミックス・マスタリング

全体的にバイオリンの録り音に質感を近づけつつ、
バイオリンも他の音に近づける、というミックスにしました。

なので割と素材感を活かしつつもジャンル感も出て、
今までで一番いいミックスができたんじゃないかなあと思います。
ムダのないプロセッシングで比較的狙い目の音になってます。

マスタリングに愛用してたAOMのInvisible Limiterと
IKの最新Stealth Limiterを掛け比べてみたんだけど、
Stealth Limiterのほうがやや元気がある感じかな、という印象。

coevyss008

どちらもすごくナチュラルに音圧をあげられるんだけど、
今回はStealth Limiterのほうがイメージに合ったのでそちらを使ってます。

その他IKのバスコンでゆるくまとめる、
Quad CompのM/Sでバイオリンやベースのピークを処理する、
IKのSonteq432でハイエンドとローエンドを少し上げる、など
IKさまさまです。

曲想について

元々ワンドロでの”Pop”というお題に対して、
JazztronikとかJazzin’ Parkのポップなやつの感じをややイメージしてたので、
ちょっとそんなアレンジにしました。さわやかな曲。

こういうポップな曲、ピアノは弾くの楽しいんだけど
バイオリン入れようとすると窮屈なので
最近はちょっと遠慮してますが、
たまに作る分には良いかな。

転調は相変わらずのやや強引なぼくっぽさですね。
転調後、ハンドクラップが入るところの
ピアノとピチカートのユニゾンが気に入ってます。
ポップだなあと思います。

ちなみにアートワークはサイクリングに行った時の写真。

cycling

イメージとしては西海岸っぽい海岸に
黄色いアンティーク車+ステンシルフォント、みたいなのがあったんだけど、
そもそもそういう写真持ってないので、手持ちの写真から夏っぽいやつを選びました。

次はそろそろアルバム制作に向けていきたい、という願望。

hiyamavln_sq
バイオリンインストライブをやったよ

あけましておめでとうございます。 気付いたら4ヶ月くらい更新して

neco-sq
バイオリンインストライブやるよ

突然ですがライブやることになりました。 これに出ます。 日時:

chrono_edited-1
Celestia14に参加したよ

webのゲーム音楽アレンジ、Celestia14に参加したよ。

kutsu
2016春M3作品に参加したよ

超ご無沙汰してます。 そういえば、あけましておめでとうございます、を

bouzouking
ブズーキを買ったので録ってみたよ

もともとギターで曲作りを始めたぼくですが、 最近はもっぱらバイオリン

→もっと見る

PAGE TOP ↑